YouTube

YouTube視聴回数1万未満のチャンネルは広告収入なし【Google】

youtube

最近Youtubeの広告の動向が気になりますが、
新たな一手を出してきました。

視聴回数1万未満のチャンネルは「広告収入なし」と手をうってきたようです。

有名企業が相次いでYouTubeから広告撤退となったので
その対策ですね。

もうYoutubeアフィリエイトは難しいのか?

これはそんなことはございません!
断言できます。

冷静に考えると視聴回数1万て結構すぐにいっちゃいますw

毎日動画をアップされてるチャンネルならすぐに達成できるのではないでしょうか。
最初はえっ?!と思ったけど案外ハードルは低かったですw

こういう規約変更のときがチャンスと思えるか、
稼げる思考の人はこういうときがチャンス!
稼ぎ時と思うのです。

Googleからの発表資料

こちらがGoogleの発表資料

日本語もありました!
https://youtube-creators-jp.googleblog.com/

なぜこのような対策ができたのか

McDonald’s、トヨタ、AT&Tなど大手企業が
YouTubeから広告を引き上げている。

YouTubeはこの問題に対処すると約束したそうなのです。

その対策ですね。

対策は主に3つです。

広告ポリシーの厳格化

 人種、宗教、性別などで人々を攻撃したり嫌がらせをしたりするコンテンツから従来より効果的に広告を削除する。
YouTubeではさらに、収益化するコンテンツ以外でもコミュニティガイドラインを厳しくする。

広告主の出広先管理機能の改善

広告主による出広先管理をしやすくし、
不適切なコンテンツに偶然出向してしまわないようにするため、
出広対象は初期設定でかなり安全なものに限定し、
広告主が自分で拡大できるようにした。
また、アカウントレベルで特定のWebサイトやチャンネルをキャンペーン対象から外せる。

レビュー機能の改善と透明性の向上

広告主に対し、どこに広告が表示されているかを従来より透明に見せる。
また、コンテンツをレビューするための大量の人材を採用し、
レビューのためのAIツールも改善していくとしている。