YouTube

ターゲットは全世界!YouTube翻訳を設定する方法!

ターゲットは全世界!YouTube翻訳を設定する方法!

疑問
YouTubeで世界にも発信していきたい。でもどうやってやればいいのか分からない。とりあえず英語のタイトルを入れればいいのかな?という人へ。

本記事では、下記内容を解説します。

本記事の内容
  1. ターゲットは全世界!YouTube翻訳を設定する方法!

動画を作っていて海外の人にも発信したい!
と思ったことはありませんか?

日本国内に向けて作った動画でももちろん稼ぐことはできます。
ですが全世界に発信できるとしたら、それだけで見てくれる人が何十倍にもなりますね。

2012年の時点で世界人口が70億人に達したそうです。

日本の人工は1.3億人らしいので、約54倍!!!!
全世界の人が英語をできるわけではないのですが、日本語だけよりも圧倒的な差になることは間違いありません。
世界に情報を発信していけばそれだけでチャンスが広がるといういことです。

ターゲットは全世界!YouTube翻訳を設定する方法!

では実際にどうやっていけばいいのか解説します。

まず一番簡単なやり方としては、タイトルを日本語の他に英語を設定すればいいだけです。
タイトルに日本語と英語が入力されている動画はみたことありませんか?

こちらでももちろんOKです。
OKなんですが、

スマホで見たりすると日本語のタイトル部分が切れています。

今回のは歌のヒット曲とサムネイルを見ればわかりますが、
全く伝わらない可能性もあります。

そんな機会損失を防ぐために、
英語圏の人には英語のタイトルを。
日本人には日本語のタイトルを。

表示できる機能があります。

YouTube翻訳のやり方

クリエイターツールの動画の編集画面にいきます。
「情報と設定」に「翻訳」がありますので押します。

すると「元の言語」と「翻訳先の言語」がありますので、
翻訳先の言語の方を設定していきます。

英語を設定したら、
タイトルと説明欄に実際に英語を入力していきます。

英語以外にも中国語、アイルランド語など際限なく追加できます。
追加すればするほど窓口が広がります。

まぁわかればですけど^^;
とりあえず人口の多い言語を設定すればいいかなと感じます。

タイトルや説明欄の他に動画の内容自体に翻訳をつける機能もあります。
また別の記事で紹介していきます。

以上、ターゲットは全世界!YouTube翻訳を設定する方法!でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。