YouTube

YouTube垢BANを回避する方法!UPすると危険動画7選

YouTube垢BANを回避する方法!UPすると危険動画7選

疑問
YouTubeでBANでよく聞くけど何なの?アップしたらまずい動画ってあるの?

本記事では、下記内容を解説します。

 

本記事の内容
  1. YouTube垢BANを回避する方法!
  2. UPすると危険動画7選

YouTubeアカウントBAN怖いですよね。
わたしは今まで1度だけあります。
しかも芋づる削除です。

1つのチャンネルが削除されそのアカウントで作っていた複数チャンネル全てが一瞬でお亡くなりになりました。
このときの絶望感は今でも忘れられません。

でもそれがあったからこそ戦闘値が上がったんだと思います。

あなたも「BANをも味方につける人」になってくださいね。

ではYouTube垢BANを回避する方法はあるのでしょうか?
絶対ではないですが確実にあります!

それでは解説していきます。

YouTube垢BANを回避する方法!

まずYouTubeには『コミュニティガイドライン』という真面目なページがあります。
そして、コミュニティガイドラインを攻略さえすればYouTube垢BANをされることはなくなるでしょう。

トラブルを回避するための一般的なルールが紹介されていますので見ていきましょう。

  1. ヌードや性的なコンテンツ
  2. 有害で危険なコンテンツ
  3. 不快なコンテンツ
  4. 暴力的で生々しいコンテンツ
  5. 嫌がらせやネットいじめ
  6. スパム、誤解を招くメタデータ、詐欺
  7. 脅迫
  8. プライバシー
  9. 著作権センター
  10. なりすまし
  11. 子どもの安全
  12. その他のポリシー

みればなんとなく分かる内容ですね。

ヌードや性的なコンテンツ

その名の通り、ヌードはダメです。
もちろん下着姿もだめです。肌の露出が多い動画は厳しいです。

公共の場でその服装が受け入れられているかがポイントになります。
「下着」は✕だけど「水着」は○です。

こんな感じです。

あとフェチ動画。これは過激度によって「年齢制限」ができます。
ASMRって知ってますか?

こちらも『フェチ』の一種ですが、
音だけなので許可されてるんでしょう。

たまに際どい音動画とかもありますけどね^^;

サムネイルも性的なコンテンツが含まれている場合、不承認になる場合があります。
「動画」だけでなく「サムネイル」も審査の対象だよということですね。気をつけましょう。

これは性的行為かな?大丈夫かな?と思ったらやめといたほうがいいでしょう。
そう思う時点で際どいんだと予想されますね。

有害で危険なコンテンツ

ここ最近ポリシーが変更されました。

危険なチャレンジやいたずらに関するポリシーが変更されました。死亡のリスクが伴うチャレンジは、YouTube では許可されません。

有名ユーチューバーさん達がやっていた過激動画がポリシーを変えました(笑)
「○○やってみた動画」などの一般人ではありえないチャレンジをユーチューバーたちはやっています。

それがいきすぎて「禁止」にまでなったという経緯です。

ヒカルさんの祭りのくじびきの動画とか
結構危険かなと思いますが、削除はされてませんでした。

広告はついてるのとついてないのがありましたので
やはり微妙なラインですね。

闇を暴く系の動画なので再生回数はえげつないですけど!

不快なコンテンツ

YouTubeでは「表現の自由」を推奨していますが、
「悪意のあるコンテンツ」はNGです。

  • 人種または民族的出自
  • 宗教
  • 身体障がい
  • 性別
  • 年齢
  • 従軍経験
  • 性的指向性 / 性同一性

特定の人物や民族などを侮辱する動画などは絶対ダメ!です。
なんとなくわかりますよね。

人として、人間として最低な行為だなと思います。

暴力的で生々しいコンテンツ

こちらも「暴力的」とあるのでなんとなくイメージつきますね。

殴ったり蹴ったりの動画はダメ!
血を連想する動画などもダメです。

サムネイルに「暴力的または刺激の強いコンテンツ」が含まれている場合、不承認になる可能性が高いです。

テロ関連の動画ももちろんNGです。

こちらのテロ動画はかなりニュースになってましたよね。
YouTubeにアップされていたようです。
もう削除はされてると思います。

嫌がらせやネットいじめ

ネット特有のいじめはダメです。
個人の情報、家の住所、銀行口座などの機密性の高い情報の暴露動画や、コメントはゆるされません。

多少の不愉快さを感じる程度であれば、単に無視してやりすごしてください。

やりすごしてください(笑)
たま〜に面白いのありますよね。

スパム、誤解を招くメタデータ、詐欺

スクロール動画をやっていた時はこちらの削除が結構ありました。
スパムのつもりはないので「スパム」と取られてしまうときもありました。
原因は教えてくれないのでわかりませんが。

  • 不要な大量のコンテンツの投稿
  • YouTubeから別のサイトへの誘導
  • お金で買った視聴回数やチャンネル登録
  • 大量のタグ

などはダメです。
他サイトへの誘導もダメなので注意してください。

脅迫

略奪、ストーカー行為、脅迫、いやがらせ、恐喝、プライバシーの侵害、他のユーザーの個人情報の漏えい

文字で見るだけでも嫌な気分になってきますね。
ダメに決まってますね!
YouTubeは楽しい場所ですから脅迫まがいの動画やコメントは削除されます。

著作権センター

許可をもらってない動画や他人の動画を勝手にアップしたり、コピーコンテンツは著作権違反とみなされます。
これからも分かるように、自分で作ったオリジナル動画を今後は作っていきましょう。

プライバシー

プライバシーを侵害している動画は削除されます。
ユーザーの個人情報を投稿したり。

顔写真、音声、フルネーム、政府発行の個人番号、銀行口座番号、連絡先情報(例: 自宅の住所、メールアドレス)など、個人を一意に特定できるコンテンツは削除の対象となります。

プライバシーガイドライン

なりすまし

「別のチャンネル」や「個人になりすます」ことを目的として作成されたアカウントは削除される運命です。
なりすましをしても長くは続きませんので自分独自のコンテンツを作りましょう。

子どもの安全

YouTubeの最優先事項は『未成年者の心と体を守ること。』
とはっきりとサイトへ明記されています。

子どもが見て真似したら危ない動画はやめたほうがいいです。
子どもが危険にさらされている動画もNG。

その他のポリシー

下品な言葉もNG。若年層には不適切な言葉もあります。
その際は年齢制限が設けられる場合があります。

長期間使用されていないことが判明したアカウントは、通知なく削除される場合があります。

使用されていないと判断される場合
  1. 6か月以上、サイトにログインしていない
  2. 動画コンテンツを一度もアップロードしていない
  3. 動画やチャンネルを積極的に閲覧したり、コメントしたりしていない

使ってないアカウントは知らないうちに削除される可能性があるということですよね。

UPすると危険動画7選

簡単に説明していくと、
アップしたらYouTube垢BANされる確率が高まる動画。

・エロ動画
・他人を侮辱・攻撃する動画
・パクリ動画
・他サイトへの誘導が目的の動画
・やりすぎの動画(チャレンジする動画)
・異常なメタデータの動画(例:タグが1000個とか)
・脅迫・テロなどの動画

とにかくセクシャルな動画(エロ動画)はやめましょう!
収益化されませんし、削除リスクが高いです。

誹謗・中傷・個人情報暴露など普通に考えればだめなやつですね。

普通に楽しくて視聴者に役に立つ動画を作っていれば問題ありません。

これ微妙かな?と思った時点でやめたほうが得策でしょう。

以上、YouTube垢BANを回避する方法!UPすると危険動画7選でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。