iPhone

iPhoneで同じ写真が2枚になってしまうときの対処法!HDRって何?

iPhoneで同じ写真が2枚になってしまうときの対処法!HDRって何?

疑問
iPhoneで写真を撮ると何故か同じ写真が2枚ある人…そんなあなたへ。

本記事では、下記内容を解説します。

本記事の内容
  1. 同じ写真を2枚にしない対処法
  2. HDRとは?
  3. iPhoneで同じ写真が2枚になってしまうときの対処法まとめ

2枚保存しない対処法

同じ写真が2枚あっても素人には全く意味もありません。
のちほど比較写真をお見せしますが、保存容量がすぐいっぱいになってしまうので2枚保存される設定はやめたほうがいいです。

iPhoneの操作方法

①「設定」をタップ

②「カメラ」をタップ

③通常の写真を残すをオフにする

HDRとは?

HDR(ハイダイナミックレンジ)の略です。

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは

従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより明るさの幅(ダイナミックレンジ)を広く表現できる表示技術のこと。

SDR(スタンダードダイナミックレンジ)もよくわからない…という感じですが、
HDRはSDRよりも表現の幅がちょっと上がった技術と覚えておけばOKです!

HDRのわかりやすい説明はこちら!

太陽の光でかなり明るくなった部分を見えやすく調節してくれたりします!

実際にiPhoneで撮った写真

元の画像
HDR
元の画像
HDR

左が元の画像で、右がHDR(ハイダイナミックレンジ)です。

HDRの方が明るさが抑えられている感じがします。

元の画像
HDR

太陽の光があるとわかりやすいです。
太陽の光を抑えて、白くなった部分がみやすくなっています。

元の画像
HDR

iPhoneで同じ写真が2枚になってしまうときの対処法まとめ

同じ写真が2枚あるな…と気づいてから数年経って、何もしないままときがすぎやっと重い腰を上げて調べたら簡単でした。

iPhoneの容量を圧迫するので画像は1つでいいと思いました。

手順

「設定」→「カメラ」→「通常の写真を残す」をOFFにする。

たったこれだけです。

参考になれば嬉しいです!